Home > 男っぽい

男っぽい

シャイな男を虜にする方法!

こんばんは。 HOLONです。


まず、シャイガイは大きく2つの種類に別れる。
それを最初に見分けるとうまくいきます!


 その2種類とは..
ずばり、「繊細なシャイガイ」と「男っぽいシャイガイ」です。
あなたが気になる相手は、はたしてどちらのタイプでしょうか?

◆ 「繊細なシャイガイ」の特徴
あなたの話を一生懸命聞きます。
すべての会話の返答に対してひたむきに返答します。
それが「繊細なシャイガイ」です。

 「繊細なシャイガイ」は、女性の心の裏を読もうとします。
そして女性のちょっとした言動の変化を敏感に感じ取り、
必要以上に落ち込んだり、喜んだりします。

 
なので感情的にも安定した会話を心がけることです。



 また女性のほうからあまりにも積極的にアプローチしては逆効果!
「本当のボクを知ったらきっと嫌いになるに違いない」と
不安になり、距離をとったり、不自然な行動をとらせる原因になってしまいます。
あくまで、ゆっくりと、ゆったりと基本的なコミュニケーションを心がけるようにしましょう。



 ◆「男っぽいシャイガイ」の特徴
会話下手でも「一生懸命会話しようとはしない」ことが特徴です。
適度にドンと構えています。返答も一言二言だけ。それでも堂々としています。

 
彼はシャイなように見えて、実は強い心と攻撃的な一面も持っています。
彼は感情表現や口下手なだけで、
感覚はむしろ普通の男よりも「男っぽい」ことがあります。


 実は自分自身の中のこだわりも強く、意外と親分肌なところがあります。
このようなタイプの男性は、「強い男」として扱うとよいでしょう。
彼自身はそのほうが、心地がよいはずです。

 
そして彼は「優柔不断な女性」が意外と苦手です。
テキパキと行動する面を見せるとよいでしょう。

 
またおおざっぱな部分もあるので、
彼の言動の小さな矛盾には目をつぶるようにしたほうが得策です。
自分が口下手なことを知っている彼。
貴女が明るく、冗舌に2人の空間を盛り上げると、
心地よさを感じてくれること間違いなしです。


 さあ、いかがでしたか?


 シャイガイタイプの男性の醍醐味は、
長年付き合えば付き合うほど、さりげないやさしさが心地よくなる点です。
ここはひとつ春に向けてじっくりと「シャイガイ」を虜にしましょう!
トピックス
最新記事
カテゴリー別
月別アーカイブ
  • 2016年12月(2)
  • 投稿者
    タグクラウド
    最新のコメント
    ブログパーツ
    あわせて読みたいブログパーツ
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 恋愛ブログへ
    blogram投票ボタン
      follow me on Twitter