Home > 価値観

価値観

価値観って?人それぞれ

こんにちは、梅田HOLONです。

台風が近づいているせいか、今日は周りの方も慌ただしく歩いていくので、
私も早く帰ろうと思いながらもブログを更新致しております(苦笑)

そんな中、プロポーズされました!と素敵な報告が入ってきました。
そのお話はまた、後日ご紹介させていただくこととして…。

というわけでして、何だかとても嬉しくなってしまって、
帰るのも忘れてパソコンにむかっております(笑)

今日は、昨日のお見合いでの出来事をご紹介させて頂きたいと思います。

昨日のお見合い終了後、すぐに会員様から連絡がございました。

「HOLONさん、今日はお見合いありがとうございました。
今日、お会いさせていただいた○○さん、まったく程価値観が違う方でした…。」

「でも、お断りではなくもう一度お会いしたいので交際希望でお願いいたします。」

一見矛盾しているようにも思いますよね…。

そうなのです、価値観が違う、これは決してマイナス要素ではございません。

私はいつも会員様にお伝えしておりますのは、
育ってきた環境が全く違う二人が出逢うんですもの、
最初から価値観が同じ方なんていらっしゃいません。

「価値観が合う!」と思って、交際・結婚した後に、
いざ違う部分が見えたときのマイナス要素のほうが恐いのです。

むしろ違う価値観を受け入れる、受け入れることができるかどうか、
という点が結婚には大切なのかな、と思っております。

昨日お見合いされた○○様はこのようにも仰っておりました。

「この方の意見を聞いていると、
今まで自分が思ったことのない方向の考え方などを知る事ができ、
とても楽しかったです!」

「いつもHOLONさんが仰っている『積極的に変化しよう』ということが出来る気がして…。」

「自分の価値観に少し変化が起こることがあれば、
自分は結婚に何を求めているのかも明確になってくるのではと…。」

それを聞いていたスタッフも思わず「それすごくわかります!」と一言。

同じ価値観の方がいいと仰るかたがよくいらっしゃいますが、
逆に同じだとそれはそれで、彼女のいうように面白くないのかもしれません。
感じ方の違いって人それぞれですもの。

彼女の姿勢は素晴らしいなぁと思います。

婚活は、王子様を見付けるものではありませんから、
どれだけ現実を、そして自分自身を見つめられるかでございます。
そしてどれだけプラス思考に楽しめるかです。

頑張って参りましょうね。…☆彡

☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。:*・☆

梅田HOLON(株)HOLON(エスポワール梅田)
*UMEDA SALON*
公式ホームページはhttp://umeda-holon.com/
TEL 0120-83-7740(電話受付時間:平日11:00-18:00)
MAIL:info@umeda-holon.com

☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。:*・

結婚前の約束事

こんにちは。梅田HOLONです。

皆様最近の離婚理由に、価値観の違い、というのがとても増えてきております。

価値観の違い、といいますのは、結婚して、育った環境が違う相手と同じ家に住むのですから、
違って当たり前の事なのです。
ですから、幸せな結婚生活を送るために、二人で事前に約束を決めておく事をお奨めしております。

今日は少しだけご紹介させて頂きますね。

①我慢、妥協をする
価値観は合わなくて当然です。
それよりも相手の行動にどこまで我慢ができるか、が重要となります。
もしこれだけは嫌だ、と思うことがあれば、先に確認し話し合っておきましょう。

②お金に対する考え
将来の為に、家を買う?車は?
子どもは何人ほしい?どんな学校に行かせたい?
などと、具体的になるものは具体的にしていきながら、
どのくらい収入、貯金が必要か等一度考えてみましょう。

③お風呂掃除、トイレ掃除!
共働き家庭の多くなりました昨今は、家事の役割分担、夫の手助けが当たり前と
なってはいますが、亭主関白を夢見る男性も意外と多かったり。
こんなはすじゃ、と思う前に、先に確認しておきましょう。

④お休みの日の計画
週末や長期休暇など、どんなことをして過ごしたいですが?
あなたは旅行に行きたい、と考えていても、
相手が休日は体を家で休めたい、と考えていては、上手くいかなくなりますよね。

⑤しつけに関して
こどもをしかる時に、あなたは優しく諭しますか?それとも叩いたりもしますか?
相手が体罰絶対反対だったら…。

⑥宗教について
2人が違う宗教を信仰していませんか?もしそうならこどもにはどちらを教えますか?
その他の家族はどう考えていますか?
大きな問題になる前に話し合ってみてください。

⑦コミュニケーション
空気を読んで欲しい、私の気持ちをわかって欲しい、これは無理です。
話さなければ相手の気持ちなんて解りません。
希望があれば、直接言いましょう。
そのためにも普段の会話はとても大切です。
事前にお互いでその点を認識しておきましょう。

幸せ一杯の新婚のカップルだったのに
家や車を買う話になってこじれるといった話もよく耳にします。

価値観が合わないのは当たり前です。
それよりも、事前に確認することは確認した上で、その後もなんでも二人で話し合って
解決できる環境作りがとても大切なのかもしれません。

それでは今日はこの辺で。…☆彡

☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。:*・☆

”私の春は永遠に来ないかも…[1]

こんにちは。HOLONです☆

先日、私のブログを御覧頂いたある会員様よりご相談を頂戴いたしました。

前回のブログに、
『暦の上で春の始まりの「立春」さぁ、一日も早くご自身の春をみつける為にも
がんばりましょうね!』と書いていたのですが、
その方はこれを読まれて、私の春は永遠に来ないかも…と突然おっしゃるのです。

「え~ぇ!!どうしたのォ~」
私もびっくり致しまして、とりあえず話を聞かせて頂きました。

その方は20代後半の本当に可愛い方で、お見合いの話も多く、
パーティーでもとっても人気がある女性なのですが、
最近本格的に婚活を頑張っていると、
何だか会うひと、会う人「価値観」が合わないなと感じてしまうそうなのです。

この悩みはやはりお付き合いをしていきますとつきものでして…。


この所、同じようなお悩みをお持ちの方がとても多いので、
ここでHOLONから取って置きのアドバイスを…!!

結婚をする上では誰でも自分なりに相手に求める条件というものがありますよね。
例えばコレだけは譲れない、希望を一つだけ挙げてみてください。

ルックス?・年収?・性格?・価値観?

例えば、多くの女性が口にする『年収2倍』の希望については、
25~34歳女性の平均年収 300万円の2倍である600万円以上の収入のある
同世代の未婚男性はあるデータによると、たった3.5%しかいないそうです。
(今はこの不景気の世の中ですので、さらに年収は減少しています)

ですから、もし年収二倍でという条件でしたらその激戦に立ち向かうか、
ある程度お相手の年齢の条件を緩める必要がありますよね。

もし、性格を重視したいと思う時には、収入にこだわらず、
一緒にいて楽しいと思える方を選んでお付き合いしてみましょう。

とにかく、お会いして…お話して…。
ポジティブに婚活頑張ってみてください。

このおはなしの続きはまた明日…☆彡


☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。:*・☆


トピックス
最新記事
カテゴリー別
月別アーカイブ
  • 2016年12月(2)
  • 2016年8月(1)
  • 投稿者
    タグクラウド
    最新のコメント
    ブログパーツ
    あわせて読みたいブログパーツ
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 恋愛ブログへ
    blogram投票ボタン
      follow me on Twitter