Home > 年収

年収

30代~40代で年収1000万以上稼ぐ男性

こんにちは。梅田HOLONです。

私共の相談所は比較的セレブ婚を得意としておりますので、
多くの方が無料相談に来てくださいます。
ただ中にはこのような女性もいらっしゃいまして…。

この方は28歳女性で
「私は45歳までの年収1000万円以上の方と結婚したいんです。」と…。

私は申し上げました。

「あなたは何か相手にしてあげられることはありますか?」

こちらのブログでは何度か申し上げておりますが
実際に20代後半~40代で年収1000万円以上稼ぐ男性は、
あえて空気を読まない方だったり自分の意志をはっきり持っていて、
良くも悪くもマイペースな人がとても多いです。

また高収入の男性は、皆様忙しい、この一言に尽きます。
あなたはお相手様の事、サポートしてあげられますか?

彼女の答えは、自信がないです、とのことでした。

確かにおこのお嬢様、お家柄は普通の方ですがお綺麗な方ですので、
私ならお話は組めると思います。

ただ、どうして1000万円という年収にこだわるのか、不思議に思いお伺いしてみました所、
セレブ婚のラインがこの位なのかなと思われたそうでして…。

私は別の面からも考えてみられてくださいとご提案致しました。

それは生涯収入という視点から。

45歳で1000万円稼いでいらっしゃる方と、
30歳で700万円でも前途有望の方。

60歳で定年として、
前者の方は1億5千万円
後者の方は全く年収が上がらなかったとしても2億1千万円の生涯収入がございます。
勿論これよりプラスになる可能性のほうが大きいわけでして…。

後者の方の未来にかけてみる、そんな選択肢もあるのではと、私は思いますと。

その女性はハッと何かに気付かれたようで、
「今日HOLON さんにお会いできて本当に良かったです、本当にありがとうございました。
私もう少し将来の事考えてみます。
そして必ずお願いしに参りますのでその時は宜しくお願い致します。」
と仰って帰られました。


年収にこだわる婚活もひとつの選択肢でございますので、私も応援致します。
ただその考えだけに縛られて、目の前の幸せを逃がしてしまう、そんな女性も多いのです。

自分でラインを引いてしまう、思い込んでしまう、その行為はとても恐いことなのです。

Y様、一番の幸せを見つけて頂けますよう心よりお待ち致しておりますね。

それではまた次回…☆

☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。:*・☆

恋愛テクニック 玉の輿 成功の秘訣

こんにちは。梅田HOLONです。

婚活をしております会員様の中で、
年収というキーワードを重要視される方も結構いらっしゃいます。
相手の年収が初めからわかる、
私はこれも結婚相談所でお相手を探す利点の一つだと思いますので
応援させて頂いております。

今回は高収入の男性と交際する際に上手く行くコツを少しだけお教え致します。
高収入の男性はとにかく皆様忙しい、この一言に尽きます。
またマイペースな方が高収入の方には多いのです。
そんな男性はとにかく仕事を優先して“衣食住”を後回しにしがちです。

さてここで彼女の貴方なら、彼と普段どのようなデートをご希望ですか?
素敵な車で温泉旅行、素敵なお店でフレンチ…。

ここで希望が沢山出てくる方は残念ながらあまり御忙しい方との交際は
向いておりません…。
高収入の方の結婚相手の方に共通致しますのは
空気のような存在感で、相手をサポートする姿勢。

本当に忙しい時に、彼女の我儘にかまってくれる方は
そうはいらっしゃらないかと思います。
ですからもし玉の輿をと思う女性には、
相手に振り向いてもらえるように自分を磨いて、
付き合える事になりましたら、
それからは空気のように、そして相手をサポートするように
接してみる事をお薦め致しますよ。

まだ奥の手もございますが、それはまた企業秘密、、、
とでも致しておきますね。

それではまた次回…☆彡


☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。:*・☆

条件が多すぎるとやっぱり大変?“婚活”が必要な理由とうまくいくポイントとは?

こんにちは。梅田HOLONです。

結婚をする上では誰でも自分なりに条件というものがありますよね。しかし、条件を3つ以内に絞れない人はなかなか結婚できないそうです。例えば、多くの女性が口にする『年収2倍』の希望については、25〜34歳女性の平均年収 300万円の2倍である600万円以上稼いでいる同世代の未婚男性はたった3.5%しかいません。ということは激戦ですね。収入にこだわらない代わりに、一緒にいて楽しいと思える年下男性を選んだり、合コンや結婚情報サービスに加入するほか、元カレや同級生などの“過去縁”に目を向けるのもおすすめ。お互いのことをある程度わかっていますからね。
トピックス
最新記事
カテゴリー別
月別アーカイブ
  • 2016年12月(2)
  • 2016年8月(1)
  • 投稿者
    タグクラウド
    最新のコメント
    ブログパーツ
    あわせて読みたいブログパーツ
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 恋愛ブログへ
    blogram投票ボタン
      follow me on Twitter